0120-29-8148 営業時間 9:00~20:00メールで問い合わせる

  • ホーム
  • 廃車買取りの流れ
  • 必要書類
  • お客様の声
  • 買取実績
  • 対応エリア
  • よくある質問
お役立ちブログ
お役立ちブログ

クーラント(LLC)とは?冷却水の交換費用や交換時期は?

2019.06.03 up!

ロング・ライフ・クーラント」(Long Life Coolant : LLC)について説明していきます。クーラントとは何か?色によって違いはあるのか?交換用原液と補充用補充液とは?交換時期や漏れの症状があった場合、交換費用について述べていきます。

クーラントとは?

車のエンジンは暖まると非常に温度が高くなるのですが、そのエンジン温度を冷やす役割をしているのがクーラントです。冷却水とも言います。

クーラントは「ロング・ライフ・クーラント」(Long Life Coolant : LLC)が正式な名称です。

エンジン温度を冷やすためには水を使ったほうが手っ取り早いような気がします。

しかし水は、0℃以下になると凍り始め体積が膨張し始めるのです。

その結果、冷却水と関連のあるラジエーター、リザーバータンク、サーモスタットなどが、氷の膨張によって破損してしまう可能性が出てきます。

また水は配管などの部品を錆びさせてしまい、錆びたところから漏れる可能性がありますので、車のエンジン温度を下げる際に水は適していないといえるのです。

クーラントは、水に凝固点が低い薬を混ぜることで凍結を防止しています。

以前はエチレングリコールがおもな成分だった不凍液が使用されていましたが、クーラントはエチレングリコールに防腐剤や酸化抑制剤、消泡剤などが含まれていますので、配管などを劣化させないだけでなく、クーラントそのものの寿命も長くなっているのです。

クーラントの色や違い

クーラントには色々な種類の色があります。

自動車メーカーによって使用されているクーラントの色は異なりますが、色が違うからといって性能面で違いはありません。

クーラントを補充するときに、違う色のクーラントを補充しても問題はありませんが、違う色のクーラントを補充すると錆びが混じったような色になってしまいクーラントの点検をするときに正確な判断ができかねますので、決められた色のクーラントを使うことをおすすめします。

クーラントは交換用原液と補充用補充液

クーラントは交換用原液と補充用補充液があります。

交換用原液はクーラントが薄められていない状態ですが、補充用補充液は原液のクーラントが薄められたものです。

クーラントの濃度の違いから、クーラントを交換するのか補充するのかで、クーラントを使い分ける必要があります。

クーラントの補充をするときに原液のように濃度の濃いクーラントを注ぐと、冷却ホースなどの機関に影響を及ぼす可能性が高くなりますので注意してください。

補充用補充液を補充する場合は水を加える必要はなく、そのまま液を注ぐだけで大丈夫ですが、クーラントの交換時期がきたときには、交換用原液でクーラントを交換しなければなりません。

通常クーラントは2年に1度交換する必要がありますので、エンジン温度を適切に冷却するためにも定期的にクーラントを交換しましょう。

クーラントは自分の車に合ったものを選んでください。

クーラント交換時期や漏れの症状

前述の不凍液は数ヶ月で劣化してしまうため、年に数回の交換が必要でしたが、クーラントでは2年に1回の継続車検に合わせて交換すればいいようになりました。

クーラントは不凍液より寿命が長いというわけです。

クーラントは凝固点だけでなく沸点も上昇していますので、熱い夏や寒い冬に対応した冷却水となっています。

通常クーラントの量が減ることはありませんが、もし量が減っているのであれば、どこかでクーラントが漏れているということです。

クーラントが漏れている場所を特定するのは簡単ではありませんので、クーラントの量が減少している場合は整備工場で点検を受けましょう。

クーラント交換費用

仕様 タイプ 軽自動車 ~1,500cc ~2,000cc 2,001cc~
標準 通常 3,500~4,500円 3,800~4,800 4,000~5,000円 4,500~5,500円
標準 高性能 4,500~5,500円 5,000~6,000円 5,300~6,300円 5,600~6,600円
寒冷地 通常 4,000~5,000円 4,500~5,500円 5,000~6,000円 5,500~6,500円
寒冷地 高性能 5,500~6,500円 6,000~7,000円 6,300~7,300円 6,800~7,800円



クーラントには表のように「仕様」があり、標準仕様は濃度が30%程度で氷点下15度まで適応しており、寒冷地仕様は濃度が50%程度で氷点下36度まで適応しています。

また「タイプ」も種類あり、高性能タイプは通常タイプと比べると防サビ性に優れており、クーラントの寿命が長いです。

このようにクーラントにはいくつかの種類がありますので、自分の車に合ったクーラントを選ぶ必要があります。

クーラントの交換工賃は2,000~3,000円程度ですが、工賃を浮かせたい方は自分でクーラントを交換することも可能です。

エンジンが冷めている状態でラジエーター下部のコックを緩めてクーラントを抜き、すべて抜いたらコックを締めます。

次に真水を入れてエンジンを暖め、再度コックを緩めることでクーラントを完全に抜ききったらコックを完全に締めて、クーラントを入れていきます。

最後にエンジンをかけ、ヒーターを一番高温に設定してエア抜きをおこないます。車種によっては数時間かかる場合もありますが確実に空気を抜ききるようにしましょう。

作業が手間と思われる方、確実なクーラント交換を求める方は整備工場に依頼するのが賢明でしょう。

今回の記事を参考に、あなたの車のクーラントを確認してみてはいかがでしょうか。

廃車買取・引取りのブーブーアドバイザー|面倒な手続き全て無料で安心

Copyrigt © 2019 BooBoo Advisor All Rigts Reserved.

このページの先頭へ戻る