0120-29-8148 営業時間 9:00~20:00メールで問い合わせる

  • ホーム
  • 廃車買取りの流れ
  • 必要書類
  • お客様の声
  • 買取実績
  • 対応エリア
  • よくある質問
お役立ちブログ
お役立ちブログ

車のタイミングベルトの寿命・交換時期・費用。切れる予兆は??

2020.11.24 up!

車のエンジン部品(英語ではtiming belt)について説明します。タイミングベルトとは何か?寿命や故障原因や交換費用や切れる予兆について述べていきます。

タイミングベルトとは?


タイミングベルトとは、エンジンを正常に稼働させるための重要部品です。
エンジンシリンダー内のピストンと空気の吸排気のバルブの動きを同期させる役割を持ち、
エンジンンの「吸気→圧縮→燃焼→排気」というサイクルを適正に保つためのベルトです。
エンジンルームを覗いたときに見える「ファンベルト」とは全く違うものなので覚えておきましょう。

ピストンを動かすクランクシャフトと、吸排気のバルブを動かすカムシャフトを繋げているのが
タイミングベルトです。

タイミングベルトには、ベルトはゴム製のものと金属製(タイミングチェーン)のものがあります。
近年ではタイミングチェーンを採用するエンジンが主流になってきましたが、今乗っている車のエンジンに使われているのがベルトなのかチェーンなのか、販売店に聞いておくと良いでしょう。

タイミングベルトの寿命や交換時期


タイミングベルトの寿命・交換時期は、国産車と輸入車で大きく違いますし、ベルトがゴム製のものと金属製のものでも寿命・交換時期は異なります。

まずはベルトがゴム製のものについて、国産車の場合のタイミングベルトの寿命・交換時期は、走行距離が100,000km、新しいタイミングベルトに交換してから10年を推奨としているのに対して、輸入車は車種によって大きく異なり、走行距離20,000kmの交換を推奨している自動車メーカーもあるのです。

軽自動車は排気量が小さいことから高回転でエンジンを回す必要があり、その分エンジンやタイミングベルトに負荷がかかるため、国産車の目安よりも早い時期の交換がおすすめです。

ただこれらの寿命・交換時期はあくまでも目安で、車の状態、保管されている環境、普段の運転の環境などによって、寿命・交換時期は変わってきます。

例えば新しいタイミングベルトを装着して50,000kmの走行でベルトが交換時期という事例もあれば、100,000km以上走行してもベルトを交換しなくてもいい状態のものもあるのです。

タイミングベルトを交換しなければ、将来的にガソリンの不完全燃焼が発生し、エンジンが止まってしまいますので注意しましょう。また、車種によってはエンジンが破損して修理不能になることもあります。

金属製のタイミングベルトは「タイミングチェーン」といいますが、タイミングチェーンはゴム製のベルトのように大きく劣化することはなく、交換推奨時期も走行距離300,000km程度ですので交換する必要がないといっていいでしょう。

ただ消耗品であることに違いありませんので、心配な方はディーラーにタイミングチェーンの点検をしてもらってください。

タイミングベルトの異音(キュルキュル)

ファンベルトが劣化してくると「キュルキュル」と音が出ますが、タイミングベルトから異音が出ることはほとんどありません。

タイミングベルトの表面は、ゴムでできたギザギザの形状をしており、歯車のような部品に装着されています。

ファンベルトのように、滑りながらベルトが動いているわけではないことから、異音が出ないようになっているのです。「ゴロゴロ」、「ガラガラ」という音がしれいる場合はタイミングベルトを
張っている「テンショナー」の劣化が考えられます。

タイミングチェーンの場合は「カチャカチャ」という音が聞こえると、タイミングチェーンが緩んでいる可能性があります。

もしエンジンルームからキュルキュル音が聞こえた場合は、タイミングベルトでない可能性は高いですが、どこからか異音が聞こえる場合は、ディーラーで点検を受けましょう。

タイミングベルトの切れる前兆

前述で、タイミングベルトの寿命・交換時期についてお伝えしましたが、残念ながらタイミングベルトが切れる予兆はありませんし、寿命がきたからといって異音が出るわけでもありません。

つまり走行中に突然タイミングベルトが切れてしまい、車が停まってしまうということが起こりうるのです。

またタイミングベルトはエンジン内部にあるため、メカニックでも数時間作業しなければ点検できない場合もあり、自分の目でベルトを確認することもできません。

まずは車の走行距離を目安に、交換目安時期に近づいているのであればディーラーにベルトの状態を点検してもらうといいでしょう。

タイミングベルトの交換費用

タイミングベルトの交換費用を、普通車と軽自動車に分けると以下のようになります。

タイミングベルト代 工賃 交換費用合計
軽自動車 2,000~4,000円 20,000~40,000 22,000~44,000
普通車 3,000~8,000円 25,000~70,000 28,000~78,000


タイミングベルトは、ベルト代よりも高額なのが工賃です。

前述のように、タイミングベルトはエンジンの内部にある部品で、交換作業をする際には車を1日預けなければいけないほど大がかりな作業になります。
タイミングベルトを交換する場合、同時にテンショナー、ウォーターポンプの交換が必要な車種が多く、
それ以外にオイルシールやガスケットなどの交換も必要になる場合があり、ほとんどの場合トータルでは10万円を超える修理代になります。

今回の記事を参考に、タイミングベルトの寿命がきているお車は早めに点検・交換しましょう。

廃車・中古車の買取や引取りのブーブーアドバイザー|面倒な手続き全て無料で安心

Copyrigt © 2021 BooBoo Advisor All Rigts Reserved.

このページの先頭へ戻る